カガクシャ絵日記

大学の研究室で働くってこんな感じ?

金曜日:やっと車を直した。$184.87也、チンチン!

水曜日に門前払いを食ってから再度チャレンジ。

今朝8時に頑張って車を持って行った。今のところ数えただけで5つは直さなきゃいけないとこがあるけど今日はともかくエンジンの不調とワイパーのモーターの雑音とオイル交換。

修理工のおっさんはトラビスと言って同じ名前。でも南部訛りが強くって部品の説明をされても何言ってんのかわかないぐらい。それでも、僕の顔と車を覚えてくれているようで最初の頃と対応がちょっと違う、存在を認めてもらってる感じがしたのでちょっと安心。田舎の生活では大事なとこ。よそ者扱いされるのは嫌だからね。

f:id:trahate:20170610111519j:plain

ここはいつもいっぱいで忙しい。

研究室まで歩いて20分ぐらいだからここに車を置いて歩いていく。朝8時ちょっと過ぎ朝日がきもちいい。

f:id:trahate:20170610111528j:plain

大学のすぐ近くのタウンハウス。こんなとこの住みたいなー。歩いて仕事に行ける。

f:id:trahate:20170610111535j:plain

朝顔じゃないな。

f:id:trahate:20170610111542j:plain

このちょっと先が学科の建物。

 

5時半ごろ仕事を早めに終わらせてまた歩いて車を取りに行った。

「ワイパーは音がしてもこわれてるところはないよ。ギアーのとこだからあれは直したら$600以上。」とか言われた。

ちゃんと車とこっちの身なりを見て直すようなもんじゃないと言ってくれるところがいい。エンジンは第一シリンダーのシリンダーコイルを取り替えた。それからオイル交換しといたよって言われて全部で$184.87。

20年ぐらい昔に似たような修理で$300以上払ったことがあるから結構取られるんじゃないかと思って覚悟してたからなんとなく嬉しかった。

乗ってエンジンをかけると外の雑音でエンジンがかかってるか分からないほど静かになってる。走り出しても今までのような問題もない。なんか車に乗るたびに修理費のことが気になって頭痛の種だったのが(今の所は)運転するのが楽しいぐらい。

この夏は左前輪のショックを直してブレーキパッドとタイヤを新しくしたい。そうすればアトランタに遊びに行くのもあんまり気にならない。またその頃にはどっか他が壊れてるんだろうけど。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村