カガクシャ絵日記

大学の研究室で働くってこんな感じ?

トラビスさんこの歳でサルサダンスカンパニーに入れてもらった。

ニューヨーク州に住んでた時、10年以上も前にサルサダンスを始めた。もともとリズムと言うものが頭にも体にもないし、はっきり言ってサルサなんて言う音楽を聞いたことがなかった。ダンスのクラスでああこういうのがサルサ音楽かと初めて知ったし、リズム楽器がどかどかなっててラッパがっパッパラなってる音楽はまるっきり頓珍漢(え!!トンチンカンなんてこんな漢字があるの?)に聞こえてた。

サルサは大体8拍子でそれに合わせて踊るんだけどどこから拍子をとっていいのかが全然わからなくってしかも先生がこうやるんですよって女の子をリードしてそれを真似するんだけどフォローしてる女の子(アリーシャと言ってふてぶてしいアシスタントだったけど)が途中で腕できれいな形を作ってそれっぽくやるわけさ。それでこっちはちょっと色々動くものがありすぎてどこを見て習っていいのかわからなくなってしまって、「さあやってみましょう。」とか言われて一人だけ立ちん坊になってるありさまだった。

なんか面白そうでできそうでできないものを目の前に突き出されるとイライラする正確なのね。そうすると見えないふりするか、できるまでやらないと気が収まらないのどっちかで、サルサの場合は後者だった。半年ぐらいやっても全然できなかった。

それでこれから半年やれるだけやってできなきゃやめようと思って町中にあるサルサクラスに行ってサルサパーティーにもできるだけ出た。金曜の夜、月に二回ぐらいやってた。そこに9時頃行って12時過ぎまで何にもできないで壁にくっついてみんなの踊るのを見てたりした。

誰も話もしてくれないし踊れない。時々初心者の娘を捕まえて初心者しかできない動きを一緒にやった。でもそのうちぶきっちょな踊れないものグループができてその中でごちゃごちゃ踊るふりをするようになった。まるっきり高校とか中学校みたいにサルサのダンスの連中にも格好いい組と格好悪い組ができた。そりゃ格好いい組の女の子なんか派手で始終ニコニコケラケラしてて、格好悪い組はそういうのを横目で見て羨ましいくせして悪口いってた感じ。

でもさ一番面白かったのはそうやってるうちに今まで誰も話してくれなかったのにいわゆる下手くそダンス仲間ができた。ラテンバーやクラブに一人でいってもいつも誰か知ってる練習がいて踊ったり酒のんだりするようになった。

でも本当にサルサが踊れるようになるのは3年ぐらいかかった。それは師匠についたから。フランシスという人がいてなんかダンス仙人みたいな感じの人でね。一時間$5とかで人を集めてバーやダンス教室の片隅借りたり、ときには外の駐車場でとかサルサを教えてるんだけど本当は例の有名なライオンキングのミュージカルの振り付けをやった人の弟子なんだよ。だからダンスに関しては世界レベルのことをやってたんだけどダンスカンパニーのなかにいると人があーだーこーだーってのが嫌で抜け出したといってた。

フランシスは本当に芸術家でコミュニティーの中でダンスを教えてて、自分のダンスグループを2,3個持ってた。そういう人達を集めて年に2回発表会みたいなのを今でもやったりしてる。

f:id:trahate:20170906134219j:plain

(師匠のフランシス)

僕は運良くそこのアフロカリビアンダンスグループに入れてもらって5,6年習った。年に4,5回例の発表会を含めて町の色んな所でパフォーマンスした。小学校の講堂で全児童のまえでチャチャチャを踊ったことがあった。小学生なんか大人が前に出てダンスをやったりすればこれはすごいんだろうなとかって思って見るんだけどまるっきりド素人がやってるんだからやっててごめんなさいと思った。

グループのメンバーもすごかった、色んな人がいた。普通の会社の社員、校長先生、貧乏科学者、ゲイの大学院生、ストリッパー(男)、牧師、ポルノショップのマネージャーとかめちゃくちゃ。人種も白黒黄色ヒスパニックと色とりどり。

まあこんなだったけど5年前にみんなにバイバイしてジョージアに移ってきた。それからほとんど踊ってないうちに足の怪我ばっかりで歩くのも容易じゃないのが2年以上続いた。最近フィジカルセラピーとかいろいろでやっと足が丈夫になり始めてぼちぼちサルサダンスをし始めた。

それで同じ学科のやつでサルサを踊るアレックスというのがこないだサルサダンスカンパニーのオーデションがあるから行こうと誘ってくれて一緒に行った。実はふたりともオーデションに通って今日は一回目のリハーサルがあった。周りはみんな若い人だけどよくもこんなおっさん入れてくれたよな。先生にも感謝。10月21日の最初のパーフォーマンスに向けて今日から振り付け習い始めた。メンバーはたしかにみんな踊れる感じの人だった。まあなんでもいいけど仲間に入れてもらうっていうのはいいよなって、今日はそれを言いたかったの。フランシスに教えないと。こっちでもまた頑張ってますよーって。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村