カガクシャ絵日記

大学の研究室で働くってこんな感じ?

水曜日:非常事態と恐怖の1日

今日仕事に行ったら非常ベルが鳴った。まだ実験始める前だったからカバンを持って外に避難。消防が来て普段は装備もなしで入って行って色々チェックして出てくるのに今日は何かありそうな。このクソ暑いのにすごいの着ていくなあと思ってた。ちなみにドアを開けてるのは学科の教授です。

f:id:trahate:20170615104047j:plain

なんと今回は本当に何か起きた!   

しかも火事とはまるで反対の大水。

Bタワーの2階の消火用のスプリンクラーが一つ誤作動して水がドウドウ出て1階の天井から漏れてたらしい。それでスプリンクラーの水圧が下がって自動的に火災報知器のベルが鳴って消防に通知が入った。

 

僕たちはAタワーだし4階だから水は漏らないと戻って実験を始めたらまたベルが鳴る。と思ったらまた止まった。と思ったらまたなったり。呆れていると事務所から学科全員あてに水の被害が大きいので学科長が今日は学科を閉めることを決めましたというイーメールがきた。

みんなで学科を閉めるってなんだよ?学科事務所をしめるのか?とか言って笑ってたら事務所から人が回ってきて危険だから今日はみんな帰ってくださいとか言ってる。

そのうちボスが来た。ちょっと焦ってる感じ。うちのボスが学科長だから、みんなに帰るように言ったのはこの人なんだけど。要は、建物全体の水を止めなくちゃいけなくってそうするともし本当の火事が起きたらスプリンクラーはきかなし、第一水道から水が出ないから安全のために今日は一時建物に入ってはいけませんということ。

f:id:trahate:20170615104116j:plain

それで20分後に外で研究室の会議をすることにしてみんな片付けて外に出た。こっちは大事な寄生虫があるから慌てて顕微鏡で見て植え替えてともかく2日は生き残れるようにしといた。

30分間30度ぐらいの暑さの中で待ってやっとボスがきた。みんなで車座になってボスが立ちあがって来週あるリトリートの話をして誰がどんなことを発表したらいいかを30分ぐらいやって家に帰ってきたら2時過ぎ。

 

それで昼飯作りながらツイッター見ると指名手配人のことが出てる。

この二人、昨日護送中に運転手と護衛を殺してバスから逃げた。その時拳銃も奪って逃げた。すぐ後ろに走ってたホンダシビックをカージャックして逃走。その後どっかの家に泥棒に入って服とか食物を取った後100円ショップで目撃されたきり。

左のやつなんか映画に出てくる気違いヒト殺しみたい。すごい刺青。

f:id:trahate:20170615104134p:plain

それを昨日うちの隣の群のシェリフがツイートしてた。

 

え!こんな近所なの?と思ってたら今朝どうも車を変えるためにトラックを盗んだらしい。しかもまたそんなに遠くないところで!

 

なんだよ車盗んどいてまだこの辺にいたのかよと思ったらちょっと怖くなった。

 

だって映画でよくあるじゃない。こういうのっていつも森の中の山荘みたいなとこに逃げ込む。俺んちってマルッキリそんな感じの小屋。

 

さすがに、こないだネットで見たレミントンのポンプ式12ゲージのショットガン買っときゃよかったと思った。あれ$450だったな。

仕方ない、もし入ってきたら奥の部屋のドアの裏に隠れて、入ってきたところを包丁で胸を突いて銃を奪ってもう一人も撃ち殺してやる、なんて映画じゃねーよな。

 

ももし、白いフォードのトラックがドライブウェイにブーってきたら裏のドアからさっさと森に逃げますよ。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村