カガクシャ絵日記

大学の研究室で働くってこんな感じ?

火曜日:ベンダーショウ

f:id:trahate:20170517113611j:plain

今朝は8時半からマススペックの講習会があった。遅れそうになったので痛い足をかばいながら杖ついて遠くにある駐車場から早く歩いてなんとか間に合った。本当にパラリンピックに出場できるほどの早さで頑張って歩いたつもり。まあそれはともかくあんまりにもひどい講習だったから9時半には出てきた。

まあはっきり言って朝からなんだか出鼻をくじかれた感じだった。なんか成果が出ないと気分悪いのでコンピューターに向かってCRISPR/Casのガイドのデザインとかやった。2つの遺伝子分をやったら眠くなってきて培養室の方でクローンを拾ったり。

今日は昼頃にベンダーショウがあった。ベンダーショウというのは大学に入ってるいわゆる業者がサンプル商品を並べたりカタログを並べたりしてなんか実験器具とか買わそうというちっこい展示会みたいなもの。

客寄せにピザとか安っぽいサンドウィッチとか並べて置いてある。それでサンプルのチューブとかくれたりする。他にもいろんな子供騙しのものもあるけど無難なところはボールペン。

はっきり言ってもうタダでなんかくれると言っても喜んで行く年でもなくなった。それで大学院生のアンジェラにお前行くんならボールペンひとつもらってこいと言って取ってきてくれたのがこのオレンジ色のペン。VWRという流通会社はなんだかあんまり質の良いものを扱ってないけど研究室のあちこちで見るものにこのロゴが書いてある。

まあそんなことはいいけど、実はこのペン、水性インクでかきごごちが気持ちい。アンジェラに感謝。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村