カガクシャ絵日記

SURVIVAL AIN'T MY LIFESTYLE. (死なないように生きてます)

木曜日:花の係長

とかいう感じの4コマ漫画が昔夕刊に載ってたようなきがするけど、まさに9月は係長の苦しい月になった。研究室の場所の取り合いで、実質「俺の研究室」になるはずが教授だからと言ってジェイソンがいろんな機械を運んできてしかも非常に気に入らないエヴァンという若僧が「取ったもん勝ち」とでも言わんばっかりにいろんなものを実験台の上に乗せて、ただそれだけのせるだけ。ノーリスペクトだ。

あんまりひどいからそこはケイレブのベンチだからものを置くなと言ってやったら今度はギリギリのところに広げて帰るというまるで根性の悪さ。仕方ないから形式上のPIのリッチーに文句を言って助けてもらおうとしたら今度はジェイソンの研究室と俺のグループは一緒に考えてるとか言い出す始末。

もうそろそろ仕事を初めて1年になるのに「あんたはそこの隅っこの方でやってて」みたいなことばっかり言われてて、そのうち2人テクニシャンが入って3人で座るとこもなくって実験だって場所がないありさま。新しい部屋がもらえるからということで3人でこれでやっとまともな仕事ができると思ってたらこのザマ。

ついにはこっちも頭にきて、しまいにはジェイソンにあんたんとこの大学院生が入ってきて余計なものをおいていったらぶん殴って追い返してやると言って憤慨した。

でもそれからちょっと風向きが変わってその後色々あったものの結局3人は一個の研究室に収まってジェイソンの新しい世界で一番大きいと言って自慢してた機械はもともと俺が座っていたちっこい研究室のスペースに他のものと一緒に突っ込むことにした。

来週全部の「物」を動かして俺達3人の研究室は一応独立できる形になる。俺はジェイソンの秘書みたいなネーチャンとオフィスを分けるということで研究室から離れたとこに机をもらうことになった。

そんなわけで5月から新しい研究室がもらえるはずだったが10月にやっと新しい研究室ができそう、というよりやっと死守した感じ。

研究室は今ん所3人には結構贅沢なスペースで機械もケチなリッチーも共同研究してる会社から出てるお金だからということで2,3個新しいものも買った。胸に新素材研究所の名前の入った白衣を一人2着ずつ揃えてもらうことになった。2着というのも洗濯してるときにもう一個いるから2着にしてくれといったからしてくれたんで。もう目を見張って周りを見てないとただいいように振り回されておミソみたいに扱われてしまう。

 

2人いる研究室員もリーダーシップがなかなか取りにくい。最近は毎朝みんなで集まって昨日は何やった、今日は何やると言ってノートブックにサインをし合うという朝礼みたいなことをやってる。これは結構名案でみんなで誰が何をしてるかわかるしちょっとしたディスカッションもできる。テクニシャンだから期待しちゃいけないんだけどやっぱり焦ってるから仕事してくれないとすぐ頭にきちゃう。だからオフィスが研究室とは違うとこにできるのはありがたい。

 

どうも結局のところ「信じ方」が違うみたい。

 

工場の方にアマンダが来たのが3月だったけどそのころまでは本当に数人しかいなくって、当時からいる連中はこれから俺達が世界を変えるような新素材を作るんだという意気込みと本当にできると信じ込んでるところがある。今日もジェイソンが来て、このプロジェクトが軌道に乗ったら誰か本に書いて出版するんだ、そんなにすごいんだって言って興奮してた。本はどうか知らないけどCNNぐらいは取材に来るだろう。

 

でもその大本になる「種」を作らなきゃいけないのが俺達3人の仕事なんだけど後の二人は信じてない。これは上に立つものとして非常にやりにくいんだな。だから反対にジェイソンはリッチーやライアンとかといると本当にみんなでやるぞ~という気が出るけど、そのへんの違いは本当にむずがゆい。

 

そういえばサルサの方もちょっと熱は冷めたもののレヴォリューションの方はフルスウィング。2,3回の練習でもうすでにパーフォーマンスをやるという去年に比べてレベルが一段上がってる。

f:id:trahate:20180928115604j:plain

Before the performance at Max Canada

 

レヴォリューションの外では何故か昔に踊ってたキューバ風なスタイルが急に戻ってきた。それでもっと色んな人とアセンズでは踊れるようになった。

長くなるけど、まあここまで読んでる人もいないと思うけど。アセンズに来たときはまだキューバっぽく踊ってたんだけど「お前のはLAスタイルだ」とか「LAスタイルは踊れないからあっち行ってろ」、みたいなことを言われて、言われれば言われるほどだんだんソッチの方の技ばっかりやるようになって終いにはオン2で踊ってやるなんて思い出した。

f:id:trahate:20180928115616j:plain

急にキューバ風ダンスが戻ってきた日

そうすると不思議なのが、アセンズのサルサマフィアの方は今度はおれがひとりで「LA スタイル」(説明すると、いまどきLAスタイルなんていう人はいなくって、ただオン1とかサルサと言うんだけどそれさえもこの辺では知られていない。)をやってるんだけどそれが何故か気に入られて無いようでマフィアの方はキューバキューバとだんだんはげしくキューバの(とはいってもルエダだけなんだけど)方に走って極キューバ系マフィアになってきてる。

実を言えば自分だって昔はキューバがやっぱりサルサの元祖的なふうに思っててそれでキューバ系の踊りが好きだったし、かなり入れ込んでた。でもやればやるほど民族的なものは壁が高いことに気がついてこりゃ無理だなーっと思ったよ。これは自分が剣道とか居合とかやってたからわかるんだけど、やっぱり血がある。魂がある。技では強くなるけどその奥のものがちょっと違う。これは、ダンスでもおんなじだなーって気がついた。それからやっぱりもともと魂のないニューヨークとかで流行ってるオン2のおどりがいいんじゃないかと思った。昔フランシスが言ってた「全然サルサっぽくない踊り」そのほうが気楽でいいと思う。キューバのダンスはもともとアフリカの民族とか宗教的なものにある動きを使ってて、向こうから来た人がなにげにやった動きでもなかなかまねできない。それは日本人のお辞儀を外国の人が真似てもわざとらしくしか見えなかったり場違いだったりそんなもんだと思う。だから極キューバ系マフィアの方は勝手にやっててほしい。はっきり言って俺はそれは "been there, done that" なのだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

8月: Emotional and physical roller coaster, or would you call this life?

8月の絵日記を9月に書くというなんか夏休みの宿題みたいな感じだけど。

8月はジュンコさんが来てくれるので仕事を一段落させてゆっくりしようと7月はかなり働いたのに5月辺りからやればやるほどどんどん深みにハマっていって結局6月に出来てるはずのことができたのが8月の最終の週だった。それでもジュンコさんがきてくれてた間は仕事は6時間か7時間程度にしといて週末はなんとかアトランタに行くとかして楽しい時間を過ごした。

ジュンコさんがついたのは3日の夕方だったからアトランタに一泊して次の日ゆっくりアトランタで遊んでアセンズに帰ったのは土曜日の夜。アトランタのペリミターとかミッドタウンという近所が個人的に大好きで、土曜はチェックアウト前にサンデースプリングスのワッフルハウスで朝食を取ってその足でサンデースプリングスのファーマーズマーケット

f:id:trahate:20180910104036j:plain

Sandy Springs Farmers Market

あんまりファーマーっぽくないけど近所の人が犬の散歩がてらに来てる。それから荷物は車に突っ込んでおいて電車でミッドタウンに向かった。行き先はアトランティックステーションというショッピング街。

f:id:trahate:20180910104119j:plain

Midtown

そこでウロウロしてお昼を食べてからミッドタウンの高級住宅街の散策。今いきなり大流行のスクーターにたくさんであった。お昼に食べたサラダが気に入ったらしくジュンコさんはアセンズで色々サラダの実験をしてた。それからハンバーガーを食べたいというので3かいぐらい食べに行った。

もう何年もプライマリーケアがいないのでいろいろ調べてなんとなく良さそうな医者をみつけて行った。ジュンコさんも一緒に来た。お医者さんがなんと僕の大好きな有名なアメリカの陸上の選手のアリソンフェリックスにそっくりなんでびっくり。一緒に診察室にいたジュンコさんが後でとらちゃんの好きなタイプだからよかった。ちょくちょく医者に行ってくれと、医者嫌いの僕をなだめてくれた。結局高血圧が手に負えなくってやむなく薬を飲むことにした。そんなことで食べ物も気をつけようとダッシュダイエットとかいう血圧にいいもの、つまり塩辛くない野菜。ということで恒例の焼肉大会も野菜が出場して肉は控えめ。

f:id:trahate:20180910104212j:plain

Backyard cookout

次の週末はアトランタのファーンバンクと言う博物館。僕はサルサのイベントで博物館が閉まってから夜中にしか行ったことないから行ってみようということになった。ゆっくり見てたら5時になっておんだされたので、ちょっと行ったとこにあるリトルファイブ・ポインツにいった。駐車場に10ドル取られたけどまあいいやってことでちょっと奇抜でおしゃれなものを売るお店を散策。まえからジュンコさんが目をつけてた靴屋でとっても素敵なヒールのある赤い靴を見つけて購入。

f:id:trahate:20180910104235j:plain

Little Five Points

嬉しかった記念にとってもきれいなライムグリーンの壁の前で靴の袋を下げて記念撮影。

f:id:trahate:20180910104305j:plain

Little Five Points 2

疲れたので一服して帰りはエモリー大学の裏のきれいな住宅街を抜けて85号に乗っていつものようにアセンズに帰ってきてそのままアセンズのダウンタウンでうろうろ、新学期に合わせてそろそろ帰ってきた大学生を見たりアイスクリームのデザート食ったりした。

次の日は電子ピアノを買いに行った。僕が一曲しかできないファンクの曲をCDに合わせてジュンコさんがピアノを入れてジャムセッションして嬉しかった。やっとギターでこういうことができるようになり始めたな。

週日はサルサのクラスに一緒に2回いって、ソーシャルにもいった。ソーシャルはみんなを無視して二人で無茶苦茶なサルサをゲラゲラ笑いながらおどって楽しかった。剣道も一回見に来てくれた。

f:id:trahate:20180910104337j:plain

We go to a supermarket a lot. Our favorite aisle.

最終日もまたアトランタに一泊することにしてまえの日は休暇を取ってアトランタに移動した。午後になってたのでレノックスモールに行ってお昼ごはんを食べて午後中モールをブラブラして溜まりに溜まったギャップのVISAカードのクーポンでバナナリパブリックスで300ドル分以上買い物したのに払ったのは10ドル以下だった。

f:id:trahate:20180910104426j:plain

Junko's pizza was better than mine.

さて、ジュンコさんが帰ってしまったあと足を再び故障して8月は後半全然剣道できなくってなんとかサルサがちょっとできた程度で非常に精神的に参った。9月になって良くなっているけど。

それからもう一つ。21日に例のサルサのパーフォーマンスグループ、レヴォリューションのオーデションがあってそれもなんとかうまく行って2年目のちょっと洗練されたレヴォリューションのメンバーに入れてもらった。今年は去年でどんなものかわかってるので期待も違うし、もっと楽しくやろうと一人で心で決めた。

そして最後の週、レイバーデーウイークエンドの前の週、やっと実験がうまく行った(とおもう)。それでレイバーデーの週末は3日間一度も研究室に行かないというすごいことをした。それに足も元気になって2回3マイル走った。

週末開けて研究室の陣取り闘いがあってかなり怒っていたので実験は進まなかったし4日しかないはずの週もなんだかかなり長く感じた。

最後に、ジョンマッケインが死んだ。共和党だったけど好きだった。ヴェトナムのあと議員になって一生を国のために尽くした人だ。生きてる者も頑張らないと。

そういえば、きのうパブリックススーパーマーケットにいったらパンプキンスパイスの匂いがした。外は30度以上になる日が続いているけどもう夏は終わったんだなーと思った。

 

最後の最後に、いつもジュンコさんが来てくれると汚い家を掃除してくれてなんとかリラックスできる空間にしてくれます。心から感謝してます。今回は特にひどかったのでごめんなさい・ありがとう。

f:id:trahate:20180910104406j:plain

Me and my love

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

土曜日:7月、まだ終わってないけど。

 

もう7月も半ばを過ぎてしまった。仕事のストレスは溜まる一方。

7月はコラボレーションをしてる会社と大学の研究室の合同ピクニックから始まった。

 

f:id:trahate:20180722120643j:plain

picnic 1

f:id:trahate:20180722120650j:plain

picnic 2


ジャーに入ってるのは南部名物のスウィートティー。

 

f:id:trahate:20180722120703j:plain

picnic 3

4日はもちろん独立記念日。何ヶ月ぶりに丸一日休んであんまり嬉しかったのでVISAカードの支払いを忘れてしまった。わざとちっこい手旗を外に出して、あんまり国民として国内外に恥ずかしすぎる政府に一人でプロテスト。

f:id:trahate:20180722120715j:plain

July 4th

でも一日休んだのは良かった。サルサ系のマフィアからプールパーティーに誘われてたけど断ったし。

夜はリトルキングスにルエダを習いに行った。休みということでレッスンのあと1時間音楽かけて踊れたので良かった。

あとは仕事ばっかり。週末はがんばって夜は外に出てる。

f:id:trahate:20180722120719j:plain

Downtown Athens

昨日は2ヶ月ぶりにアトランタのファーンバンク自然歴史博物館にいって踊った。

f:id:trahate:20180722120726j:plain

Dinosaurs in front of Fernbank

今日は走った。7月これで3度め。S10に車を停めて、ダウンタウンの方に行ってアーチを回って帰って来るというコース。下り上りと激しいけど、その分ペースが遅いからちょうどいい。足もなんとか持っている。

先週不眠が続いて剣道を木曜日に休んだ。剣道の方もだんだん慣れてきて少し動けるようになってきた。足とか腕とか筋肉が落ちてるので稽古の後毎回回復するのに3,4日かかるから週に一回がいまん所ちょうどいい。

最近大学のサルサクラブは街のサルサを仕切ろうとしてるようで、サルサマフィアと読んでいる。仲間か仲間じゃないか、そんなことがあるみたい。アトランタだって勝手にいきゃいいのにみんなでつるんでいって、行ったら行ったでやっぱりつるんでる。下手すりゃ自分たち同しで踊ってる。なんかもったいない。

 

今日もフェイスブックに昨日の写真やビデヲがいっぱい出てて、「たのしかったねー。」とか。まあいいけど、アトランタとアセンズってやっぱりそんなに遠いんだろうか。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

月曜日:5月6月最低

5月6月は仕事が糞で何週間も損したあげくのはてに2ヶ月逆戻りという馬鹿らしい結果になってる。そのぶんプレッシャーはつのる一方。それに雨か蒸し暑いかで気分も落ちる。

 

仕事が忙しくなるほど遊びも忙しくしないとやっていけない。足もだんだん良くなってきたよおで5月になってからで剣道もし始めた。

f:id:trahate:20180619105619j:plain

1 年ぶりに剣道の格好した。

もちろん週末の夜は外に出かけてパーチー。

f:id:trahate:20180619105626j:plain

Athens Latin @Iron Factory.


 

6月はアレックスの誕生日プールパーティーで始まったけどその次の週末以来10日ほどサイナス、喉から声帯とやられて先週はいろんな楽しいサルサのイベントも全部お預け。ちょっと良くなってきたかと思ったら今度はまた足がちょっと痛くて今週もどうなるかという状態。

f:id:trahate:20180619105637j:plain

Alex's BD Pool Dance Party

今はメキシコに違法入国者の子どもを親から引き離して収容所に入れるというひどいこと。米国中が怒っている。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

火曜日:もうメンタリーチェックトアウト

ってな感じで。もうアセンズには住んではいるものの、魂はいません。

こないだの日曜のショウがかなり嫌な後味でもうアセンズでサルサはしたくない。レボリューションもやりたくないという状態で今日で2週連続練習はズル休み。ぜんぜん後悔も悪気もないのでもうこれでやめちゃおうと思う。

 

それで日曜は夜また車に乗って今度はタッカー(アトランタの一部)にあるココ・カバーナと言うキューバレストランバーに行った。

 

良かった。

 

来てる人の数とかダンスのレベルとかヴェニューとかかなりいい。DJ の選曲はまあまあ。でもアセンズのイベントの選曲に比べれば50倍位ぐらいいいい。はっきり行ってアセンズはサルサがちゃんと踊れるイヴェントは月に1っかいぐらいだけ。

だからココに毎週通うことにした。面白かったのはアセンズでも時々一緒に踊る、いわゆる普通のサルサを踊る女の人がそこに来た。そこってココ。

 

まあふたりともアセンズに関してはおんなじような意見だったので自分一人で思ってることじゃないんだなあ。アセンズのサルサは違うんだなあというのを実感した。アセンズはキューバスタイルとかいっても実際はキューバスタイルで踊ってんじゃなくってルエダの動きをどんな曲でもただそれだけやってるからはたから見てると不思議。それにそういう人たちがイベントやるとキューバの曲をかけるわけでやっぱりサルサとはちょっと違う。

 

と言うのは僕の個人的な意見で、要は自分と違うということ。じぶんは、アトランタでやってるのに合うからそっちに行ったほうが誰にも迷惑かかんないし、第一文句を言う必要はない。アセンズでやってるとどんどん自分が下手くそになっていく気がしてイベントから帰ってがっくりするだけ。

 

それで面白いのを観た。ココ・カバーナにいたおっさん。なんか頭が薄くってそれをなでつけたような頭で鼻髭なんか生やしてしかもシャツの上に3ピースのヴェストみたいなのを着てた。見るからに変なんだけど、たくさん動きを持っててしかも正確。どう観てもどっかのボールルームの先生みたいな感じ。その人が一生懸命女の人と踊ってたんだけど、すごいうまいのに全然ラテンの雰囲気がない。ラチ−ノなんかはあんまり動きを持ってなくてもただリズムに合わせて動いていてるだけなのになんとなくホホ、さすがラチ−ノだなーっていうオーラがあるんだけど。そのおっさん全然ない。

実はこれなんだよね、レボリューションでやってる”サルサ”ってのが。うちの先生はボールルーム上がりで、いくらサルサの振り付けやってもなんだか根本的に違うの。まあそれから色んな理由で肌に合わないことがあり過ぎて、結構苦労してる割にえるものが殆どゼロ。

 

だからいいんだ。アセンズに俺のやりたいサルサはないんだからアトランタに行って踊ればいい。

アトランタサルサ仲間ができるように通いつめればいいわけだ。もともと昔は日曜の夜はいつもサルサソーシャルに行ってたからこれからそうします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

水曜日:働き遊びすぎ踊り過ぎでついにダウン

とはいっても回復75%になったけど。

先週は仕事がどんどん忙しくなってるところにこないだの日曜にあったショウの練習があったかりローカルなイベントが3,4つあったりしてダンス熱も上がってた。それで金曜ピークに達して前々から話に聞いていたアトランタのファーンバンクという博物館で夜やるサルサパーティーに一人で仕事の後でかけていった。高速で飛ばして片道一時間半だから夜に一人で出かけていくには限界の距離かも。

 

f:id:trahate:20180426105447j:plain

f:id:trahate:20180426105529j:plain

 

流石に素晴らしいヴェニューで選曲も抜群。帰り頃はちょっと足の古傷に来た。田舎に住んでるから10:30ちょっと前にまた車に乗って夜道をかけて帰ってきてお勝手に座ったのが12時ちょっと前。そうしたらいきなりさっきまでアトランタにいたのが夢のよう。

土曜は毎週のようにワッフルハウスでアメリカンスーパースターと言うすごい名前の朝ごはんをたべてゲボゲボ言いながら研究室に行ってコーヒ作ってデータ解析。

できた!2ヶ月かかってやってたDNAができてた!!本当は実験したかったけど始めても日曜ショウで一日来れないから3時頃帰ってきた。

日曜は朝の9:15に集まってテックリハーサル。その後ショウは午後と夜の2部で2曲ずつ踊った。というとかっこいいけど2:00頃行って終わったのが7時過ぎ。その間ずーっと楽屋にすることなくぼけーっとしてたわけなんだけどなんだか肌寒くって歯が痛かったりしてちっとも面白くなかった。座る椅子もなくって半分立ってたり椅子を見つけたらもう座って動かなかったし。

楽屋はグループごとなんだけど部屋が狭くて結局みんな廊下にいて、しかもダンサーだから男の子も女の子もみんな一緒になっててどっちをむいてもハタチそこそこのダンサーの娘が衣装替えやっててなんか話してることもえげつなかったりして、いわゆるただの女の更衣室みたいなもんだ。こっちもこっちで誰がいようがズボン半分下げて10分ぐらいしかないあいだに衣装替えしたり。

外は雨だし。

そうしたら夜熱が出て歯がガタガタするほどになって。でも、体温計の電池がなくなってて体温が測れないから脈を数えてもそんなにひどくないからまあ寒いんなら布団被ってと思って寝てたらやっぱり次の日動けない状態。ボスにお休みしますってテキストする。

こういうときに限って食い物がなくってヨーグルトとシリアルだけ。といっても水のみにたちあがるのなんかフラフラ。

火曜日はなんだか少し良くなってEメールチェックしたら会社の大ボスがプログレスレヴューするから4時に会おうとか書いてある。仕方ないからハイと言ったけど結果的には今日電話でやった。それでも、昨日は午後から行って過去2ヶ月間の進行状況のレポート書いて帰ってきたら8時。

今日は朝からいった。

でもDNAができててよかった。これがなかったらかなりまずい。今日も早く仕事を進めてくれ、機材でいるものはなんでも買ってやるから人も雇うからと、ありがたいけどまだやるのいつ終わるのって感じで。終わりません。ってのが答えみたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

火曜日:足痛い

日曜日にルエダに行ったから昨日から右足がいたい。1月にかなり痛くなったときもルエダに行ったあとだったからまいった。どーしてだろう。

でも今回はちょっとごまかしてる。今日はインチキクロックスで一日過ごしたら午後から少し収まった。

 

今回はプラズミッドを作るのに本当に苦労していて1週間で終わるのがもう1月ぐらいかかってる。でもこれを大本にして遺伝子を組み替えていくから「できませーん。」ともいってられない。今日はなんとかLICとトランスフォーメーションまでこぎつけた。明日はコロニーPCRであたりが出ればすこしほっとするけど、全部のDNAのシークエンシングがクリアしないとこれまた先に行かない。

アンジェラが5月1日から来ることになった。DNA をやってもらおうかと思ってたけど、そっちは自分で進めて、もう少しゆっくりできるけどプロジェクトに大事な測定方法の開発をやってもらうことにした。

土日も仕事に行くから每日何曜日かがよくわかんない。

今週は夜にサルサのイベントが3つある。水曜木曜と土曜。足痛をごまかしながら行きたい。そうしたら次の週末はショーがあって土曜はテックリハーサル、日曜は本番で午後と夜の2部に4曲やる。パートナーはみんな違うかも。今日立ち位置は決めたけどパートナーはあんまりクリアでなかった。

仕事が忙しいのを理由に外食が続いているのは良くない。

きょうジェフがサルサのレッスンでGKAのt-シャツを着てた。びっくりして剣道するのかと聞いたら妹夫婦が6年もやってて試合にも出るほど熱心だという。

早く剣道戻りたい。足は強くなっていってるのだろうか?サルサの負荷にはなんとなく耐えられる分は強くなってるのかもしれないけどどうなんだろう。まだ昔の10−20%ぐらいのような気がする。